豪(オーストラリア)ドルで運用する保険一覧


大樹生命 (旧三井生命)

ドリームフライト

大樹生命のオーストラリアドル建て保険

月払い、米ドルまたは豪ドルから選択、職業告知のみで加入できる年金保険です。保険料支払方法は月払いだけでなく全期前納も選ぶ事ができます。
20年や25年など、長期に保険料を払い続けて積み立てた資金を個人年金として受取ることができます。
為替リスクを抑える方法は、保険料の長期複数払いによるドルコスト平均法、円安が続く場合などは保険料の払込停止や再開も可能です。
年金開始日の為替状況が好ましくない場合などに年金開始日の繰り下げなどもできるなど、安全策が取られています。
子供の教育資金準備としてドリームフライトを使うことも訴求しています。

ドリームフライト豪ドル建ての詳細へ ドリームフライトの詳細を見る



第一フロンティア生命

プレミアジャンプ2終身

第一フロンティア生命の豪ドル保険

豪ドルまたは米ドルから選択する、一時払い終身保険です。
一時払い保険料を少額の変額部分と大部分の定額部分に分けて運用します。変額「部分」があるのはちょっと敬遠しがちですが、100%から120%までの最低保証があります。
また、目標設定機能があり、円貨払込金額に対する任意設定の目標値に達すると、自動的に円貨で運用成果を確保し、全額定額の円建て終身保険に移行します。
以後は円建ての終身保険の保障が一生涯続きます。
最低保険料は円貨で200万円、米豪ドル共に二万ドルです。

プレミアジャンプ2終身豪ドル建ての詳細へ プレミアジャンプ2終身の詳細を見る



日本生命

デュアルドリーム

日本生命のオーストラリアドル建て保険

米ドル建・豪ドル建から選べる年金保険です。一時払い保険料は円貨で支払うこともできます。
他社のドル建て年金保険と同じように一時払い保険料の一部を変額運用、大部分を定額運用することで、変額部分に頼りすぎない安心感を得られます。
一時払い保険料は指定通貨で最低保証、105%から200%の任意の目標値を達成すると運用成果を自動で円建て確保する機能も他社と似ています。
確保された運用成果は、据え置き期間終了と同時に年金原資となり、年金原資は一括受取りが可能です。確定年金は5年確定年金ですが、10または15年の確定年金に変更可能です。

デュアルドリーム豪ドル建ての詳細へ デュアルドリームの詳細を見る


三井住友海上プライマリー生命

みらい、そだてる

三井住友海上プライマリー生命の豪ドル保険

米ドル、豪ドル、NZドル、ユーロ、円、から選んで契約通貨にできる保険料一時払年金保険で、定期支払コースと積立(ターゲット)コースがあります。
定期支払コースは毎年直近1年分の利息を受取利続ける形態
積立コースは105%から200%まで1%単位で設定できる目標値を達成すると、円建て年金に自動移行します。
年金は確定年金と年金総額保障付終身年金の二種類。一括全額受取りも可能です。
最低保険料は一万米ドルまたは一万豪ドル、円貨で入金する場合は100万円と、ドル建て個人年金の中では一時払保険料が安くなっています。

みらい、そだてる 豪ドル建ての詳細へ みらい、そだてる の詳細を見る



明治安田生命

外貨建・エブリバディプラス

明治安田生命もオーストラリアドル建て保険参入

一時払いの、職業告知のみの終身保険で、米ドルまたは豪ドル建てを選択します。最低保険料は一万米ドルまたは1万豪ドルまたは100万円と、ドル建て保険の中では安い設定です。
少々変わった保障形態で、契約後5年で保障が増加し、さらに契約後10年で保障の増加が期待できます。
運用は、10年毎の予定利率更新、最低保証予定利率0.5%です。
105%〜200%の目標到達で自動的に円建ての終身保険に移行する機能が付きます。
円建終身保険としての保障は一生涯続きます。

外貨建・エブリバディプラスの詳細へ 外貨建・エブリバディプラスの詳細を見る


クレディ・アグリコル生命

到達力X

クレディ・アグリコル生命の豪ドル建て保険

「とうたつりょく てん」と読む、変額運用部分がある個人年金で、契約時に米ドルまたは豪ドルを選択、保険料は一時払(契約時に保険料を全額一括払い)のみになります。
保険料は円・豪ドル・米ドルのいずれかで支払可能ですが、最低保険料は百万円または米ドル豪ドルいずれも1万ドルと、一時払い商品としては最低保険料が低い設定です。

「変額」と書いてあると「不安っ!」と思うかもしれませんが、一時払保険料の一部だけを変額運用して他は定額運用なので、全部変額運用よりも安全度は大きくなります。
他社にも見られる目標額指定割合は、110%〜500%とかなり広い範囲から選択でき、目標到達を自動判別してくれるので、ほったらかし運用が可能です。

到達力X豪ドル建ての詳細へ 到達力Xの詳細を見る


ラップすけっち

保険料を年に一回支払う米ドル・豪ドル選択型の個人年金で、保険料を4年で5回払い・15年運用 と、保険料を9年で10回払い・20年運用の2種類があります。
年金原資となる保険料を一年ずつ「増額」していき、完納したら11年間運用して大きく育つのをじっくり待つといったところでしょうか。
ちょっと変わった支払方法ですが月払も半年払も設定が無く、最低保険料は円で50万円、豪ドルも米ドルも五千ドルです。

ラップすけっちも部分的に変額運用するので、極力安全性を高めながら大きな運用を期待できます。定額部分は指定通貨で100%保証されます。
一時払い保険のような大きなお金を用意するのは無理があるし、何十年も保険料を毎月払いするのも面倒というニーズに応えてくれるでしょう。

ラップすけっち豪ドル建ての詳細へ ラップすけっちの詳細を見る



ジブラルタ生命

通貨指定型個人年金保険

ジブラルタ生命のオーストラリアドル保険

米ドル、豪ドル、ユーロ、円の四種類の通貨の内一つを選んで契約することもできますが、1契約で最大四種類の指定通貨を選ぶ事も可能です。
例えば手持ち資金の1,500万円を、三種類の外貨にそれぞれ500万円ずつ加入して、1契約の通貨指定型個人年金保険とすることもできます。
もちろん、豪ドルだけを指定通貨として契約することも可能です。

年金原資の年金受取りは四種類から選択可能で、年金開始日は繰り延べ可能です。
年金形式(分割受取り)と一括受取りの組み合わせや、年金原資の全額一括受取りも可能です。

通貨指定型個人年金保険豪ドル建ての詳細へ 通貨指定型個人年金保険の詳細を見る



ニッセイ・ウェルス生命

アットウィル

ニッセイ・ウェルス生命豪ドル建て保険

一時払い(契約時全額一括払い)保険料が、最低で500万円か5万ドルという巨額の保険料の年金保険で、米ドル年金型と豪ドル年金型があります。
米ドル商品と豪ドル商品は、予定利率や据え置き期間の設定などに違いがあります。

据え置き期間終了後に受け取れる年金は、確定年金と、年金総額保障付き終身年金のいずれかの選択です。
円貨で年金を受取る場合、ターゲットレートという、自分で設定した1ドルあたりの円貨額(為替レート)以上の場合は年金を受取り、設定金額以下なら次回以後の受取りに持ち越せる機能が、実質的な為替差損対策になります。

アットウィル豪ドル建ての詳細へ アットウィルの詳細を見る



マニュライフ生命

パワーカレンシー

マニュライフ生命の豪ドル建て保険

米ドルまたは豪ドルの、保険料一時払い個人年金です。
基本プラン」一時払い保険料を支払ったら、5年または10年の据え置き期間終了を待ちます。
目標設定プラン」一時払い保険料の120%から150%の間で設定した目標金額に達したときに自動で円貨確保してくれます。
プランは二種類があります。
両プラン共に年金支払は5年の確定年金のみです。基本プランと、目標未達の場合の目標設定プランは、契約通貨での年金支払です。
最低保険料は二万米ドルまたは二万豪ドルと、一時払い保険料のみ取り扱いのドル建て個人年金としては標準的な保険料になっています。

パワーカレンシー豪ドル建ての詳細へ パワーカレンシーの詳細を見る



こだわり個人年金【外貨建て】

米ドルまたは豪ドルから選択する月払いも可能な個人年金保険です。健康状態の告知は不要です。
ドル建て保険では珍しく、毎回の保険料が「円貨で一定額」になっているので、日本の円貨の保険と同じような感覚で保険を継続することができます。
また、積み立て利率は毎月変動しますが「最低保証積立利率:年1.5%」と積み立て利率の下限保障があるので、初めてのドル建て保険として選んでみるのも良いでしょう。
受取り年金形式は保証期間付き終身年金または確定年金から選択。年金をドルのまま受取る、都度円換算するなど四種類の受取り方法があります。

こだわり個人年金(外貨建て)の詳細へ こだわり個人年金【外貨建て】の詳細を見る



メットライフ生命

ビーウィズユープラス

メットライフのオーストラリアドル建て保険

米ドルまたは豪ドル建ての、保険料一時払い(契約時に保険料を全額支払)の終身保険で、「保障重視コース」「保障&運用コース」のいずれかを選択できます。
保障重視コースは死後の保障に特化したコースで、長期間の基準利率の最低保証があり、死亡保険金を大きく育てることに貢献します。
加入年齢と基準利率や運用期間などで、一時払保険料の2倍以上の死亡保険金額になることもあります。

保障&運用コースは、一時払い保険料の一部を変額運用することで資金の増加を加速させますが、変額運用部分よりも定額部分を大きくすることで安全性も維持されます。
目標割合は110%から最大300%まで設定可能で、目標達成されると円貨に換算されて為替差損の心配をすることなく終身保険の保障が続きます。
もちろん、終身保険を解約して現金化することもできます。

ビーウィズユープラス豪ドル建ての詳細へ ビーウィズユープラスの詳細を見る


オーストラリアについて解説しましょう

オーストラリア連邦は英連邦王国16カ国のうちの一国で、オーストラリア大陸を本土と多数の島・小島から成る国です。

オーストラリアの産業と輸出

australia

オーストラリア主な産業は、農業・鉱業・観光で、鉄鉱石の産出は世界一、金、オパール、ボーキサイト、チタン、ウラン等の鉱物資源も産出しています。
以前はGMとトヨタの自動車工場がありましたが、2016年にGMが撤退し、2017年にトヨタが撤退したので、オーストラリアの自動車産業は消滅しました。
主な農業生産物は、さとうきび、小麦、大麦、野菜、果実、牛乳、牛肉、羊毛等で、6割強が輸出されています。

ちなみに、日本への農産品輸出の金額ベースの内訳は、牛肉:32.4%、木材チップ:10.0%、砂糖:約7.4%、ナチュラルチーズ6.6%、小麦5.6%です。
(農林水産省 オーストラリアの農林水産業概況より)

輸出の主要貿易相手国は

1位:中国(約30%)、2位:日本(約13%)、3位:韓国(約7%)、4位:アメリカ(約5%)、5位:インド(約4%)なので、中国経済の影響は大きいと思われます。

経済成長・政策金利と豪ドル建て保険

オーストラリアの実質GDP成長率や政策金利の変遷、最近の豪ドル建て保険の積立金利などを解説します。

今後の経済成長

koala

オーストラリア経済は成長し続けていて、2020年と2021年の実質GDP成長率(見通し)は、2.5%を上回るとの意見も見られます。
日本の平成31年度の実質GDP成長率は1.3%程度ということなので、(無理がある比較ですが)日本の約2倍またはそれ以上の成長が見込まれているのは羨ましいですね。

政策金利の変遷

オーストラリアの経済は2019年までの28年間、一度もマイナス成長にならずプラス成長を継続し、リーマンショックの時でさえ成長し続けてきました。
一方で政策金利は2008年6-8月は7.25%でしたが、2011年には4.75%、2014年には2.50%、2016年8月から2019年5月までは1.50%と下降しています。

過去最低でも日本より高い金利

2019年6月、オーストラリア準備銀行は政策金利を過去最低の1.25%にする決定を下しました。これは約3年振りの利下げになります。
下降しているとは言え、日本の2016年1月から続いている「-0.10%」と比較すると、羨ましいくらい高い金利です。

豪ドル保険への影響

保険契約に適用される積立利率と政策金利は別物ですが、全く関連が無いとは言えません。
以前は米ドル建てより積立利率が良かった豪ドル建て保険ですが、最近は保険会社によっては米ドル建てが有利になっていることも多々あります。
これは2016年12月から2,018年12月の間に0.75%→2.50%に上昇したアメリカの政策金利の影響と思われます。

豪ドル保険で迷ったら

豪ドル保険を検討したいけど、米ドル保険も捨てがたい!と悩んだらどうすべきでしょうか。

米・豪ドル保険で迷ったら

米ドル保険に既加入の場合

既に米ドルに加入している場合:資産を米ドル以外に分散する目的があるなら、豪ドル建て保険を選んでも良いと思います。
ドル保険初心者なら:迷わず米ドル建てを選ぶべきです。

米ドル建てを推す理由

急速に政策金利を下げているオーストラリアより、この2年で政策金利を上げ続けたアメリカに分があります。(2019年8月時点)
オーストラリアの多少なりとも中国経済の影響を受けやすい状況よりも、アメリカの強さが後々有利になるように思えます。

豪ドル建てを推す理由

豪ドル建てとは言え、販売しているのは主に日本の保険会社かアメリカの保険会社なので、信用があります。
豪ドル建て保険でも、米ドルより高い利率で契約できる可能性もあることです。

ドル建て保険の検討方法

豪ドルも米ドルも検討すべき

ドル建て保険は米・豪のどちらを検討するにしても「どの保険会社の」「どんな保険種(終身・養老・年金)」「どんな商品」が一番有利なのか、必ず比較しましょう。
積み立て利率も、固定利率・変動利率・最低保証利率がある変動利率のどれなのか、しつこいくらいの確認をしてください。
保険料総額や、お金の増え方のシミュレーションも忘れてはいけません。

ドル保険の比較とシミュレーションは、複数の保険会社を取扱うFP(ファイナンシャルプランナー)の無料相談で一括比較してもらうのが、おすすめです。

ドル建てはシミュレーションと比較が大切

FPが、あなたの自宅や勤務先でアドバイス

理想的なプランで、ワンランク上の暮らし

満足度90%!保険相談は何度でも無料です

保険コネクト