ドル建て保険はリスクがあります

最終更新日:

ドル保険のリスクに驚く

ドル建て生命保険は、日本によくある貯蓄目的の保険の主契約通貨(保険の運用に使うお金)を、アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドなどのドルにしています。
ドルという外貨で運用する保険なので、円建ての保険では考えられない様々なデメリットがあり、為替の影響によるリスクも含んだ保険になります。

まず、ドル建て保険とは

ドル保険の説明

ドル建て保険は主に
●終身保険
●養老保険
●年金保険
があり、保険自体の仕組みは日本の保険と同じです。
各種生命保険に使用する通貨(主契約通貨)が、米ドル・豪ドル・NZ(ニュージーランド)ドルになります。

外国の保険に加入するようなもの

外国に在籍している保険会社の商品に加入するのではありませんが、極端な書き方をすれば
日本語の説明が付いた
●アメリカの保険
●オーストラリアの保険
●ニュージーランドの保険
に、日本に居ながらにして加入する。ということになります。

為替と費用のリスクと運用効果のメリット

ドル建て保険は円貨の保険よりも高い予定利率が期待でき、貯蓄と保険を兼ねた、運用効果が高い資産形成として受け入れられています。

ですが
●為替変動で、円貨での受払金額が変動する
●入出金の都度手数料が差し引かれる
為替差損大損する可能性がある
このようなデメリットもあります。

リスクは何種類もあります

ドル保険のリスク

ドル建て保険特有の為替変動リスクと、為替手数料などの費用などについて、もう少し細かく解説しましょう。

ドル建て保険は為替変動があります

ドルで運用されている保険なのに、保険料や死亡保険金などの受払が円貨で行えるのは
保険料支払などで保険会社に対して円貨で入金でき、保険金や満期金などの受取りを保険会社から円貨で出金できる特約が付加されているためです。

入出金の都度、ドルを円貨、または、円貨をドルに換算してくれる特約が付いているので、円貨で受払しているドル建て保険は、入出金する度に発生する為替変動の影響は避けられません。

円貨保険料は毎回変動します

ドル建て保険の為替変動の影響の具体例です。
ドル建て保険は、「ドル」での保険料が毎回一定額になるので、為替変動の影響で円貨の保険料が毎回変動します。

わかりやすくするため為替手数料を考えず、例えば毎月の保険料が500ドルの場合、円貨で支払う保険料は
三月:(1ドル=115.0円)→57,500円
四月:(1ドル=119.0円)→59,500円
五月:(1ドル=115.3円)→57,650円
このような変化をします。

ごく少数ですが、円貨の保険料が毎回一定というドル建て保険もあります。
この場合は円貨保険料は毎月定額でも、ドルに換算両替後の保険料が毎月変動します。

円貨受取額も毎回変動します

例えば、毎年一回ドル建で一定額の給付金を受取り続けられるドル建て保険があります。

そうですね、毎回1,000ドルを受け取れるとしましょう。
円貨にするときに為替変動の影響を受けるので、同じ1,000ドルでも
第一回:(1ドル=115.3円)→115,300円
第二回:(1ドル=118.2円)→118,200円
このようにドルで一定の受取額も円貨にすると一定額にはなりません。

さらに1ドルについて0.XX円の為替手数料が差し引かれます。

為替差損による元本割れが最大のリスク

為替差損と元本割れ

保険金・満期金・年金のような大きなお金の受取りのときに、「円高」の度合いが大きいほど、大きな為替差損が生じて、最悪の場合、支払保険料総額よりも戻りが少なくなる元本割れの可能性があります。

(円高・円安について初めてでもわかる円高と円安!円とドルの関係。で解説しています。)

レートが変わらなければ良い投資

例えば1ドル=112円の時に
一時払保険料が、20,000ドル→円貨で224万円
のドル建て養老保険に加入
10年後に23,000ドルの満期金が確約されているとします。

細かいとわかりにくいので、諸費用は考慮せず
もし10年後の満期時「」同じく1ドル=112円であれば
23.000ドル X 112円=約257万円の受取りになります。
元手が224万円が257万円と、10年で33万円(約14.7%)も増えたら凄く良い投資ですよね。

恐怖!解約時の円高で大損

ですが満期時に1ドル=95円になっていたら、円貨の受取り満期金は23,000ドル X 95円=218万円弱です。
257万円 - 218万円=39万円の損です。

さらにこのとき
一時払保険料224万円>満期金218万円
となります。
このようにドルベースでは確実に増えているにもかかわらず、為替差損で元本割れが生じる危険性もあり得るのが、ドル建ての保険なのです。

為替手数料は意外な費用

保険料の変化

無料特約の付加で当たり前のように円で入金出金ができるドル保険ですが
円貨で入金:円→ドル
円貨で出金:ドル→円
に換算両替されます。

この時に、1ドルについての各社規定の為替手数料が差し引かれます。

為替手数料の例
●安い保険会社:1ドルについて0.01円
■高い保険会社:1ドルについて0.50円

こんな感じで為替手数料が引かれ、保険会社によって(この記事を書いている時点で)最大50倍の開きがあります。

よって、選んだ保険会社、入出金回数や金額の大きさなどで、為替手数料の総額がかなり変化します。
円貨建て保険では有り得ない費用を必要とするのも、ドル建て保険のリスクと言えるのです。

契約初期費用が必要です

円貨の保険には無い費用ですが、例えば一時払い保険料の○%などの契約手数料(契約初期費用)が保険料から差し引かれる、ドル建て保険商品があります。

ドル建て保険の欠点ばかり書きましたが、ちゃんとメリット(後述)もある保険商品なので、ご安心ください。

ドル建て保険は危険性もあります

デメリットもその回避方法もアドバイス

保険のプロ・FPが教えてくれます

貯蓄と保障を叶える、あなただけのプラン

満足度90%!保険相談は何度でも無料です

保険コネクト


クレームだらけのリスキーな商品なのか

令和元年6月に、銀行窓口販売のドル建て保険というよりも(ユーロ建てなども含む)外貨建て保険について、苦情が前年比で約35%も増えたという報道がありました。
ドル(外貨)建て保険が、苦情やクレームだらけでトラブルが発生しやすい保険に思えてしまいます。

ですがこの報道以外の苦情も見ると、多くは「銀行窓口販売ドル保険の、高年齢層への販売時に発生するトラブル」と言えそうです。

高年齢層にクレーム多く発生している謎

上位を占める苦情を簡単にまとめると

高齢者の保険

60代から70代の人に為替差損や元本割れの危険性を説明せず販売して、後に契約者本人からの苦情を受けた。
70代から80代の人に預金と勘違いさせて販売してしまい、契約者の家族からのクレーム案件になった。
また
●年齢層別では60代から始まる中高・高年齢層からの苦情が大半(8割弱)。
●苦情内容別では「元本割れなどのリスク開示が十分ではなかった」が全体の約7割。

というものです
クレームの内容をもう少し細かく見てみましょう。

ドル建て保険の販売時に発生したクレーム

●ドル(外貨)建て商品とは思わなかった。
●預金のために銀行を訪れた際にドル(外貨)建て保険を勧められたが、金融機関の職員が勧める商品が保険商品だとは思わず、預金商品だと思った。
●長期間の定期預金商品だと思った。
(ドル保険商品自体のデメリットとは全く関係ない部分で、苦情が発生しています。)

契約後に発生したクレーム

●元本保証がある預金商品だと思ったら、元本は全く保証されていなかった。
●為替差損で大損した。
●契約直後に解約をしようとしたが、初期費用などで支払保険料より解約返戻金が大幅に減少していた。
●おじいちゃんの預金がドル(外貨)建て保険になっていたの事に気が付いた家族が、クーリングオフ制度で解約しようとしたが、既に8日以上過ぎていた。

説明不足というリスク

これらの苦情・クレームは、ドル(外貨)建て保険自体のデメリットも含んでいますが、多くは銀行員が契約前に不利益情報を提供しなかったことによるトラブルと言えます。
例えば、あえて悪い言い方をすれば、販売時に発生した苦情は、「ドル建ての保険を、老人に勘違いさせて売りつけたの?」と突っ込める内容です。

かなり狭い見方ですが、デメリットなどの説明をしない銀行員の不誠実な販売手法が、銀行窓販のドル建て保険の大きなリスクになり得るのです。

銀行販売ドル保険の背景

銀行販売の保険

顧客の利益を最優先に考えて、デメリットなどの説明をかっちり行う銀行員もいるはずですので、金融機関窓口販売の保険商品を検討も契約もしてはいけない、とは言えません。
では何故、重要な説明を省いてしまう不誠実な保険の売り方をするのか、そんな売り方こそがドル建て保険のリスクではないのか、と思いませんか。

生保も銀行も必死なのがリスクの元凶?

低金利政策で、銀行は個人や企業に貸し付けても利益が少なく、保険会社も薄利多売状態が続いているので、保険の販路を富裕層などに広げる必要があります。
顧客の預金情報を把握できる銀行が富裕層に保険商品を販売すれば、保険の販売手数料を銀行と生保に分けたとしても、銀行も保険会社も利益が上がります

例えば数百万円を一時払い(契約時に保険料を全額一回払い)する高額なドル保険を多数販売できれば、保険会社も銀行もかなり潤いますよね。

銀行員も必死だが保険の知識は?

銀行員も成績やノルマを達成するのが大変なので、円貨の保険より格段に良い手数料収入になる、ドル(外貨)建て保険の販売は美味しいでしょう。
ドル保険を売れそうな相手(高齢者?)を見つけたら、必死にアピールしてしまい、危険性などの説明を忘れてしまうこともあるのではないでしょうか。

ですがあくまで保険の専門家は無く銀行員なので、日常的に保険商品の知識を磨いているわけではなく、保険の知識と経験が十分ではないことも、不誠実販売の原因だと思います。

狭い見方での推測ですが、銀行員の知識量と、銀行・生保の現在の状況も、窓販ドル保険のリスクの一因に思えます。

メリットも知っておきましょう

これまでの文章は「ドル建て保険は危険な商品!」と書いているように思えますね。これでは唯の悪口になるので、メリットも紹介します。

ドル建て保険は円建てより高い予定利率が望める

ドルの高利率

アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドのドル建て保険は、超低金利の日本よりも「好」予定利率を望めます。

例えば今販売されている円貨の養老保険は、超低金利の影響で元本割れの可能性が非常に大きい商品です。

ですがドル建ての養老保険は、日本と比較して「好」金利なので高い予定利率が付き、ドルベースでの元本割れの可能性がほぼありませんし、大きく増えることも期待できます。

為替差益を望める

年金、満期金、死亡保険金等を受取るときに円安になっていれば、大きな為替差益が望めます。

例えば
ドル建て養老保険 一時払(契約時全額払い)
●保険料5万ドル
●死亡保険金額は6万ドル
●10年後に満期保険金が6万ドル(解約返戻金が6万ドルと確定されている)
に加入した場合。

加入時:1ドル=110円→ 一時払保険料550万円
仮に満期(解約)時も1ドル=110円なら、 満期保険金は660万円です。

ですがもし満期時が円安で、1ドル=121円になっていたら満期保険金(解約返戻金)は726万円です。
1ドル=110円の満期保険金より、66万円も多く受取れる為替差益が生じます。

この場合、726-550=176(万円)なので、550万円の元手を、死亡保険金の恩恵を受けながら、10年間で176万円も増やしたことになります。
726÷550×100=132(%)なので、10年間で32%も増えたのです。
このように、かなり大きな利益が期待できるのも、ドル建て保険なのです。

円貨の保険より安く済む

ドル保険で安く

例えば同じような死亡保険金なら、ドル建て商品は円貨商品より遙かに安い保険料になります。
これを応用して、今では予定利率が悪くて貯蓄効果が無い円貨の学資保険の代用として、ドル建ての終身保険や養老保険を販売する生保会社があります。

ドル建て保険で資産の分散

ドル建て保険は外国通貨保険とも言えます。円貨資産を外貨に変換するので所有資産の複数貨幣化が可能になります。

最低積み立て利率保障など

為替の仕組みとは全く関係無い話ですが、ある会社の月払いドル建て終身保険は、基本的に積み立て利率が毎月変動するものの、最低3%を保証している商品があります。
言い換えれば積み立て利率は3%を割ることが無いという、貯蓄性に工夫を凝らしたドル建て保険商品です。

また、別会社の月払いドル建て終身保険は、積立利率が固定ですが、この記事を書いている時点で3.20%となっていました。

いずれにしても、円建ての保険では考えられない、高い積立利率です。

保険商品独自のリスク回避策があります

為替差損対策

大きなメリットがあるドル建て生命保険ですが、リスクは少しでも軽減したいものです。
そこで各生命保険会社は独自に為替差損回避策をドル建て保険商品に盛り込んでいます。

受取日の繰り延べ

保険金や満期金などをを円貨で受取りする時期が円高期で、そのまま円換算すると大きな為替差損で大損しそうな場合などに、一定期間の範囲内で円貨での受取時期を延期することができます。

ドルで受取り

円貨で受取ると為替差損になるのなら、ドル口座を用意してドルのまま受取るというのも為替差損対策です。

複数回受取りでリスク回避

年金や給付金などの受取日が強烈な円高の場合、為替差損で大損することもあります。

ドル建て保険の中には、年間4回、6回、12回など複数回受取りを設定している商品もあり、受取日に為替差損が起きそうな場合など、受取りを次回以後に回すことができます。

目標設定と円貨移行

ドルを円に換算

またある商品は、一時払い保険料の105%または110%から200%までの間で、指定した倍率に達した時点全額円換算することにより、以後の為替差損を防止する仕組みが組み込まれています。

しかも指定した倍率に到達したことを保険会社が自動判定し、自動で全額円換算してくれるので、増え方を毎日自分で監視する必要が無いという、楽ちん運用が出来ます。

例えば契約時に一時払保険料100万円を支払うと、ドルで運用されます。
目標倍率を150%に指定して(ある意味)放置しておくと、ドルで運用されている保険の解約返戻金が150万円相当になったときに、保険会社が円貨で確保してくれます。

年金の受取人死亡時の対策もあります

ドル建ての個人年金は、為替差損対策の他に、保険会社独自に工夫を凝らした年金受取り対策があります。

年金受取人が年金支払期間中死亡した場合

●あらかじめ指定された数親等以内の人物が残りの年金を受取る
●死亡した年金受取人の配偶者が残金を受取る
など、為替差損対策以外の対策も良く考えられています。

ドル保険の理解が最大のリスク回避策

ここで紹介した為替差損回避策の他にも、各社独自の工夫を凝らした為替差損対策などがあります。

為替差損対策が全く組み込まれていないドル建て保険もありますが、多くの商品は複数種類の為替差損対策が組み込まれています。

しかも、各社の保険商品毎に内容が違うので、説明を聞くとちょっとややこしく感じるかもしれません。
ですが加入後に後悔しないよう、候補の複数商品からあなたに合うドル保険を選ぶべきです。

ドル保険は完全な理解ができるまで担当者や保険募集人、ファイナンシャルプランナーなどに、しつこく聞きましょう。

ドル保険の検討時に回避する方法

ドル保険シミュレーショングラフ

ドル建て保険選びは、まず予定利率の高さで為替差損を回避できる1ドルあたりのレートを試算・シミュレーションしてみましょう。

元本割れレートをシミュレーション

例えば、一時払保険料が2万ドル
30年後に解約返戻金が3万ドルに増えるドル建て終身保険で
1ドル=110円→ 一時払保険料220万円の場合

(為替手数料などを考えないで試算)
30年後に1ドル=73.4円なら
73.4円 x 3万ドル=220万2千円で、元本割れはギリギリ回避ですが
1ドル=73.3円になると解約返戻金は219万9千円で、元本割れです。

1ドル=73.4円が、ある意味損益分岐点ですが、あなたならどう考えますか。

リスクに対して意外に強いのがドル保険

ドル保険の予定利率の強み

とは言え1ドル73.4円と言うよりも80円、いや90円以下になるのは考えにくいですよね。

もし1ドル80円で解約しても円貨換算後の返戻金は240万円なので、今の円貨の終身保険より良い増え方になり、結果としてある程度の為替差損なら好予定利率でカバーできます

さらに為替差損対策も考えましょう

この例はドル建て終身保険なので、終身保険ならではの為替差損対策を講じることが出来ます。

●もし解約返戻金が予想より低くなっても、終身保険なのでそのまま保険会社に預けて、解約返戻金自体を増やし続ける

●解約返戻金を増やしながら、例えば1ドル=90円以上(円換算後の解約返戻金270万円)になったら満期金を受取る。

●円換算せず、そのままドルで受取って海外で使う。

などの為替差損回避策はいろいろあります。

ドル建て保険は意外に為替変動(為替差損)に強く、もしかしたら為替差益で大きな戻りも期待できるのは大きなメリットです。

また、希望の解約返戻金に到達しなかった場合でも、ドル受取や受取時期の変更などで大きな損失を回避できることもメリットです。

生保と金融機関の営業職が危険かも

ドル保険の営業

ドル保険は、保険会社や商品によって、資金を増やす仕組みや為替差損回避策が全く違うので、複数の保険会社の商品を比較する必要があります。

また、保険の募集人(ドル保険などの販売資格を持つ人)も、しっかり選ぶべきです。

生保・金融機関の営業職は不慣れかも

自社商品だけの説明が許されている生命保険会社の営業職や、商品数が限られる銀行窓口などでドル保険の説明を聞くのは、少々危険です。

保険会社の営業職は普段円貨の保険を扱っているので、ドル建て保険について慣れていません
最悪、保険のおばちゃんが勢いだけで営業トークをすることもあるそうです。

また、銀行員などの金融機関の職員も普段は生命保険の話をしないので、ドル保険といっても形だけの話になることもあります。
残念ながら、老後資金や相続を考えている高齢者や学資保険を検討しているパパママ世代に、ドル建て保険を高率運用できる円貨の保険と勘違いさせて販売してしまった、という事例がありました。

生保と銀行の営業職は、ドル建て保険の説明はできても、アドバイスは苦手な傾向があります。

ドル保険に慣れた人の説明が最高のリスク対策

保険の専門家

多くの生保会社のドル建て保険の中で、どのような為替差損回避策がある商品が最適かなど、積み重ねた経験による知識の蓄積が無いと、良いアドバイスができません。

ドル建て保険のの説明やアドバイス、シミュレーションに一番最適なのが、複数社保険商品を扱える保険の専門家や、FP(ファイナンシャルプランナー)だと思います。

為替の仕組みから解説し、さらに為替差益・差損の話をわかりやすく説明し、保険会社毎の為替差損回避策や運用の仕組みを、明確に説明できるスキルが必要です。
もっと言えば、候補に挙げた各ドル建て保険商品毎の元本割れレートや、保険料総額、運用結果のシミュレーションが出来ることも必須です。

最終的に、あなたの意向を汲んで複数社のドル建て保険から候補を絞り、安全性と収益性がうまく合う保険選びのアドバイスが重要になります。

例えば老後を考えてのドル建て保険選びなのに、保険のおばちゃんの、ドル建てについて説得力が感じられないノリノリトークは勘弁して欲しいですよね。

ドル建て保険選びは、ドル建て保険に精通したFPのアドバイスが、最高のリスク対策になるでしょう。

ドル建て保険のアドバイス わかりやすい説明で、安心のドル保険

FPが無料でドル建て保険をアドバイス

運用結果のシミュレーションもしてくれます

安全と運用のベストバランスを考えたプラン

無理な勧誘をしない、FPの無料相談

保険コネクト