ドル建て 保険 リスク

ドル建て生命保険はリスクがある保険です

ドル建て生命保険は日本によくある貯蓄目的の保険の主契約通貨(使用するお金)をドルにした生命保険です。
円貨の保険よりも高い予定利率が期待できるので貯蓄と保険を兼ねた資産形成として受け入れられています。
ですが、外国通貨保険であるドル建て保険は、為替変動で円貨での受払金額が変動する、入出金の都度手数料が差し引かれる、貯蓄目的の保険なのに大損することもあるというリスクがあります。

まず、ドル建て保険とは

ドル建て保険は、主に終身保険、養老保険、年金保険があり、生命保険自体の仕組みは日本の保険と同じです。
各種生命保険に使用する通貨(主契約通貨)が、米ドル・豪ドル・NZ(ニュージーランドドル)になります。

外国の保険に加入するようなもの

厳密に言えば間違えですが、極端な書き方をすれば
日本語の説明が付いた
●アメリカの保険
●オーストラリアの保険
●ニュージーランドの保険
に、日本に居ながらにして加入する。ということになります。
実際は上記に書いたこととは違いますが、感覚的にはこんな感じです。

ドル建て保険のリスク

ということでドル建て保険は他国の保険に入るようなものなので、日本の円貨の保険よりリスクが増えます。
為替変動と為替手数料の二大リスクがありますが、もう少し細かく書いてみまし

為替変動の影響があります

保険料や死亡保険金などの受払が円貨になっているのは、円貨で入金(保険料支払)出金(保険金や満期金などの受取り)ができる特約が付加されているためです。
よって円貨で受払しているドル保険でも為替変動の影響は避けられません。

為替手数料が取られています

無料特約の付加で当たり前のように円で入金出金ができるドル保険ですが、これは受払(入金・出金)の都度 円→ドル ドル→円 に換算両替されています。
換算両替時に1ドルについて為替手数料が差し引かれます。
安い保険会社:1ドルについて0.01円
高い保険会社:1ドルについて0.50円
こんな感じで為替手数料が引かれ、保険会社によって(この記事を書いている時点で)最大50倍の開きがあります。
よって、選んだ保険会社、入出金回数や保険料などで、為替手数料という費用の大小が大きく違ってきます。
円貨では有り得ない費用を必要とするのも、ドル建て保険のリスクと言えるでしょう。

契約初期費用が必要です

円貨の保険には無い費用ですが、例えば一時払い保険料の○%などの契約手数料が、保険料が差し引かれます。

円貨保険料は毎回変動します

円貨で保険料を月払い・半年払い・年払いする場合、一回に付いての「ドル」での保険料が毎回一定額になるます。
円貨で支払う毎回の保険料は為替変動の影響で、毎回変動します。
わかりやすくするため為替手数料を考えず、例えば毎月の保険料が500ドルの場合
三月:57,500円、四月:59,500円、五月:57,650円などです。
ごく少数で、円貨払い保険料が一定というドル建て保険もありますが、これは換算両替後のドル建て保険料が毎月変動します。

円貨受取額も毎回変動します

例えばドル建て保険で、保険料一時払い(ドル建て保険加入時に保険料全額一回払い)をして、その後一年毎にドル建てで一定額の給付金を受取り続けられる商品があります。
そうですね、毎年一回1,000ドルを受け取れるとしましょう。
これも毎年一回としても円貨にするときに為替変動の影響を受けるので、おなじ1,000ドルでも
第一回:115,300円
第二回:118,200円
このようにドルで一定の受取額も円貨にすると一定額にはなりません。さらに一ドルについて0.○○円の為替手数料が差し引かれます。

為替差損に注意

保険金・満期金・年金のような大きなお金の受取りのときに、「円高」の度合いが大きいほど、大きな為替差損が生じて元本割れの可能性があります。
細かいことを言えば先に書いた受払の時でも為替差損が起こると言えば起こりえますが、わかりやすくするために割愛します。
例えば1ドル=112円の時に一時払い保険料が円貨で224万円(2万ドル)のドル建て養老保険に加入し、10年後の満期時に23,000ドルが確約されていたとします。
ですがこのとき1ドル=96円になっていたら、円貨の受取り満期金は約221万円弱です。
ドルベースでは確実に増えているにもかかわらず、為替差損で元本割れが生じます。
このようなリスクもあり得るのがドル建て生命保険なのです。

ドル建て保険のメリット

ドル建て保険はリスクだらけみたいなことを書いてしまうと唯の悪口になるので、メリットも書いておきましょう。

円貨より高い予定利率が望める

アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの保険は超低金利の日本よりも好予定利率を望めます。
例えば今販売されている10年満期の円貨の養老保険は元本割れの可能性がありますが、ドル建ての養老保険は、ドルベースでなら元本割れの可能性がほぼありません。

為替差益を望める

年金、満期金、死亡保険金等を受取るときに円安になっていれば、大きな為替差益が望めるかもしれません。
例えば1ドル=112円の時に2万ドル(224万円)のドル建て養老保険に加入し、10年後のに23,000ドルの満期保険金になっていたとします。
このとき1ドル=120円になっていたら、円貨の受取り満期金は約276万円となり、単純に考えると10年間で52万円の利益になります。
上手くいけばかなり大きな利益が望めるかもしれません。養老保険は死亡保険ですので、万が一の保険金保険の機能も付くという意味では安心も買えることになります。

円貨の保険より安く済む

例えばドル建て終身保険の場合、円貨の終身保険と同じような死亡保険金に設定すると、円貨の保険料より遙かに安い保険料になります。
これを応用して、今では予定利率が悪くて貯蓄効果が無い学資保険の代用としてドル建て終身保険を販売する保険会社があります。
ちなみに、学資保険の代用ドル建て保険として、ドル建て養老保険を採用する保険会社もあります。

資産の分散

ドル建て保険は外国保険とも言えるので、円貨試算を外貨に変換することになります。これにより試算の複数貨幣化が可能になります。

最低積み立て利率保障など

為替の仕組みとは全く関係無く、さらにドル建て保険のうち数少ない保険商品の話になりますが、基本的には積み立て利率が毎月変動するものの、例えば最低3%を保障しているので
積み立て利率は3%を割ることが無いなど、

ドル建て保険・リスクの回避策

大きなリスクとメリットがあるドル建て生命保険ですが、リスクは少しでも軽減したいものです。そこで各生命保険会社は独自にドル建て保険のリスク回避策を保険商品に盛り込んでいます。

受取日の繰り延べ

保険金や満期金を円貨の受取りする時期が円高期で、そのまま円換算すると大きな為替差損で大損することがわかりきっている場合、円貨受取時期を延期することができます。

ドルで受取り

円貨で受取ると為替差損になるのなら、ドル口座を用意してドルのまま受取るというのも為替差損対策です。

複数回受取り

年金や給付金などの年一回の受取日がたまたま強烈な円高で、そのまま円換算受取りすると為替差損で大損することもあり得ます。
個人年金保険の中には、年間4回、6回、12回など複数回受取りを設定している商品もあり、受取日に為替差損が起きそうな場合などは次回以後に受取りを回すことができます。

目標設定と円貨移行

またある商品は、一時払い保険料の105%または110%から200%までの間で、指定した倍率に達した時点で全額円換算することにより以後の為替差損を防止する仕組みが組み込まれています。

個人年金

ドル建ての、特に個人年金は保険会社独自に工夫を凝らした為替差損策や、年金受取り期間中死亡時の残金支払対策などが凄く良く考えられています。
その分商品の仕組みが複雑になるので、必ず保険の専門家などに十分な説明を受けることが大切です。

以上の為替差損回避策の他にも各社独自の工夫を凝らした為替差損対策があります。
複数の為替差損対策が組み込まれたドル建て保険商品もあれば、為替差損対策が全く組み込まれていないものもありますので、為替差損対策は完全な理解ができるまで担当者にしつこく聞きましょう。

ドル建て保険の向き不向き

ドル建て保険を卑下するつもりはありませんが、リスクに対してある意味覚悟を要するのがドル建て保険と言えるでしょう。

ドル建て保険を考えない方がいい方

・元本割れしたくない方
・余剰資金が無い方
・外貨は信用できない方
・為替?めんどくさいなぁ。と言う方
・一歩間違えれば大損を覚悟できない方
・保険は保障する目的に限ると言う方

ドル建て保険を考えても良い方

・資金に余裕がある方
・外貨に抵抗感が無い方
・資産の分散を考えたい方
・率の良い運用と保障を兼用したい方
・リスクも費用もいろいろ覚悟できる方
・保険の専門家の細かい説明を、理解できるまでかっちり聞く気持ちがある方

ドル建て保険のリスクは為替差損リスクが目立ちますが、その為替差損リスクを回避するための対策が複雑化してしまうのも、ある意味リスクになってしまいます。
ですので、複数「社」のドル建て保険を比較して、(保険会社によっては最大50倍の違いがある)為替手数料の違いと、為替差損対策の違いを理解することはとても大切です。

また、一番大切なことは、予定利率の高さで為替差損を回避できる1ドルあたりのレートを試算・シミュレーションしてもらうことです。

これらの説明やシミュレーションに一番最適なのが、金融・保険・税務などについての高度資格保持者FP(ファイナンシャルプランナー)だと思います。
ドル保険は、FPの無料派遣・無料相談サービス「保険マンモス」で相談してみるのがいいかもしれません。
あなたのご自宅や勤務先にFPを派遣してくれて、保険の相談は何度でも無料です。