ビーウィズユープラス メットライフ生命

ビー ウィズ ユー プラス

ビー ウィズ ユー プラスは、米ドルまたは豪ドルを選べる、メットライフ生命の金融機関窓口取扱ドル建終身保険です。

米・豪ドル選択終身保険

ビー ウィズ ユー プラスの正式名称は
契約通貨が米ドルの場合「利率変動型一時払終身保険(米ドル建16)」
契約通貨が豪ドルの場合「利率変動型一時払終身保険(豪ドル建16)」
です。

二種類の契約通貨の他にも選択肢があり、「保障重視コース」と「保障&運用コース」のどちらかを選択べます。

PDFパンフレットに書いてある「資産の未来を見すえて、価値ある資産として次世代につなげます。」という言葉と、終身保険という商品から 極力お金を増やして自分が生きている内に自分の為に使うというものではなく、遺産として、言わば現世の内に資産を極力遺すための保険商品かもしれません。

ビー ウィズ ユー プラスの諸条件

契約年齢
契約者:0歳から100歳
被保険者:0歳から85歳

保険期間
終身

保険料払込方法
一時払い(保険料全額一括払い)のみ
指定口座への振り込みのみ

最低保険料
米ドル建て:3万米ドル
豪ドル建て:3万豪ドル

為替手数料
1米ドルについて 保険料円入金:50銭
円支払:50銭
1豪ドルについて 保険料円入金:50銭
円支払:50銭

ドル建て保険ドル建て保険はメリットが一杯あります

ですが間違った選択で後悔しないためにも

保険のプロにアドバイスしてもらいましょう

満足度95%、強引な営業は一切ありません

FPの保険の相談は何度でも無料です

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左


保障重視コース

終身保険としての保障を重視

基準利率
毎月一日に更改される、メットライフの基準利率があり、例えば平成二十九年四月二十日に契約が成立したときの基準利率は、同年四月一日に更改された基準利率が適用されます。
ちなみに平成二十九年四月一日のメットライフ生命の米ドル建基準利率は3.60%、豪ドル建基準利率は3.45%。
この基準利率保障期間は米ドル建が30年、豪ドル建が20年でした。
例えばこの基準利率は、平成二十九年四月中に契約した全ての米ドル・豪ドル建て保険に適用されることになります。

基準利率はビー ウィズ ユー プラスを契約してから5年から30年の間の、5年刻みで保障されます。
基準利率保障期間を過ぎても契約が続く場合、基準利率が更改されますが、最低保証基準利率を下回ることはありません。

保障重視コースの仕組み
ドル建てであることを除けば、単純な一時払い終身保険と言えそうです。例えば下の例で解説すると保険料100,000米ドルを一時払いして契約が成立した瞬間、死亡・高度障害保険金が176,660米ドルになります。
最低保証基準利率2.00%の場合でも、30年後の解約返戻金は138,860米ドルとなりますので、かなり戻りの良い終身保険と言えそうです。

米ドル建てのシミュレーション

カタログからシミュレーションを抜粋
一時払い保険料:100,000ドル 基準利率保障期間30年

最低保証基準利率2.00%の場合
契約年齢40歳・男性
契約時の基本保険金額:176,660米ドル
30年後の死亡保険金額:176,660米ドル
30年後の解約返礼金額:138,860米ドル

契約年齢50歳・男性
契約時の基本保険金額:152,410米ドル
30年後の死亡保険金額:152,410米ドル
30年後の解約返礼金額:133,010米ドル

基準利率3.00%の場合
契約年齢40歳・男性
契約時の基本保険金額:227,290米ドル
30年後の死亡保険金額:252,300米ドル
30年後の解約返礼金額:178,650米ドル

契約年齢50歳・男性
契約時の基本保険金額:191,320米ドル
30年後の死亡保険金額:204,960米ドル
30年後の解約返礼金額:166,970米ドル

※死亡保険金額は死亡・高度障害保険金になります

豪ドル建てのシミュレーション

カタログからシミュレーションを抜粋
一時払い保険料:100,000ドル 基準利率保障期間20年

最低保証基準利率2.25%の場合
契約年齢40歳・男性
契約時の基本保険金額:192,030豪ドル
20年後の死亡保険金額:192,030豪ドル
20年後の解約返礼金額:126,540豪ドル

契約年齢50歳男性
契約時の基本保険金額:162,630豪ドル
20年後の死亡保険金額:162,630豪ドル
20年後の解約返礼金額:123,890豪ドル

基準利率3.25%の場合 契約年齢40歳・男性
契約時の基本保険金額:229,490豪ドル
20年後の死亡保険金額:259,800豪ドル
20年後の解約返礼金額:151,230豪ドル

契約年齢50歳・男性
契約時の基本保険金額:192,690豪ドル
20年後の死亡保険金額:213,690豪ドル
20年後の解約返礼金額:146,800豪ドル

※死亡保険金額は死亡・高度障害保険金になります

保障&運用コース

保障を抑えて運用主体

一時払い保険料を、変額終身保険特約部分と主契約部分に分けて運用します。
もちろん、変額部分は主契約部分よりも少ない割合ですので、完全変額保険よりも安全度は大きくなります。
さらに、一時払い保険料の最低保証があり、100%保障プラン・120%保障プラのいずれかを選ぶことができます。

運用目的が強いコースだけあって、契約時に到達したい目標額を110%から200%の間を10%刻みで設定でき、契約後は300%も選択することができます。
契約から一年経過すると、目標判定が始まり、目標額に到達すると円建て終身保険に移行します。

米ドル建てのシミュレーション

カタログからシミュレーションを抜粋
ドル 基準利率保障期間30年のシミュレーション
契約年齢40歳・男性
110%到達:平均2年9ヶ月
120%到達:平均3年11ヶ月
130%到達:平均5年7ヶ月

契約年齢50歳・男性
110%到達:平均2年9ヶ月
120%到達:平均4年1ヶ月
130%到達:平均5年7ヶ月

豪ドル建てのシミュレーション

カタログからシミュレーションを抜粋
ドル 基準利率保障期間20年のシミュレーション
契約年齢40歳・男性
110%到達:平均2年2ヶ月
120%到達:平均2年10ヶ月
130%到達:平均3年5ヶ月

契約年齢50歳・男性
110%到達:平均2年3ヶ月
120%到達:平均2年11ヶ月
130%到達:平均3年6ヶ月

メットライフ生命のサービスが付帯します

無料サービスがたくさん。MetLife Club

保障重視コースも保障&運用コースも、契約成立後は「MetLife Club」という有料・無料のサービスを受けることができます。
代表的なサービスは

健康生活ダイアル24:健康についての不安などを、医師・保健師・看護師などの専門家に365日24時間体制で相談することができる無料サービスで、被保険者とその家族が利用できます。

セカンドオピニオンサービス:被保険者だけが使える無料サービスで、罹患している病気について専門医のセカンドオピニオン(主治医では無い医師に罹患している病気について意見を求めること)を受けたり、必要であれば優秀な専門医の紹介をしてもらうことができます。

ガン総合サポートサービス:これも被保険者だけの無料サービスで、ガンについての質問や相談に対応してくれます。

糖尿病総合サポートサービス:ガン総合サポートサービスの糖尿病版みたいな感じです。

などがあります。

ドル建終身保険を比較しましょう

ジブラルタ生命の一時払い米国ドル建終身保険は米ドル建て終身保険です。変額部分が無いので安心感があります。
また、ジブラルタ生命は円貨払いの為替手数料が1ドルに付き0.5円でメットライフ生命と同額ですが、円入金については為替手数料が0.01円と、メットライフ生命の50分の1になります。

お金の増え方、費用の総額などを保険の専門家にシミュレーションしてもらい、しっかり比較することをおすすめします。

ビー ウィズ ユー プラスで本当にいいですか?


実は、生命保険のプロ(FP)が、ご自宅などで無料相談してくれる満足度95%の、とっても便利なサービスがあります


本当にビー ウィズ ユー プラスにするべきか

無料で保険のプロに相談るのが確実です

ご自身やご家族のためにも一度相談してみることをオススメします


「将来の不安を解消できそうなプランを提案してもらえました」

という、実際のご利用者の感想です。

FPの保険の相談は何度でも無料です

赤二重矢印右保険マンモス