ドルスマート

メットライフ生命のドルスマート

メットライフ生命のドル建て終身保険「ドルスマート」は、積立利率が3%を最低保証するという好利率が魅力の、対面販売保険商品です。

高い積み立て利率のドル終身保険

現在の日本では、銀行に長い間預金してもほとんど利息が付きません。
また終身保険などの貯蓄目的の円建て終身保険も、本当にわずかな積立利率(予定利率)しか付かないのが現状です。

(日本で販売されている)米ドル建ての保険は、円貨よりも高い積立利率が望める米ドルを主契約通貨にしているので、貯蓄目的の保険として有利な内容になっています。

ドル建ての保険には為替のリスクがつき物ですが、ドルスマートの3%という最低保証が付いた予定利率なら、大きなメリットも期待できます。

積み立て利率は毎月3%以上

ドルスマートは、積立利率変動型終身保険なので、積立利率は毎月見直しが行われ、利率のアップによっては保険金額の増加も期待できる、とってもお得なドル建ての終身保険です。
例え運用実績が3%未満になったとしても積立利率年3%を保障し、運用実績が3%を超えた場合でも積み立て利率を3%に下げることはありません。

ざっくり同じような保障内容の円建て保険と比べても、割安な保険料で充実した保障を得ることが出来る保険になっています。これは円貨の利率よりもUSドルの利率が高いので保険契約を有利に運用できる効果が得られるためです。

積立利率最低保証の意味

説明が長くなりましたが、メットライフ生命のドルスマートの積立利率をは、毎月必ず3パーセント以上の積み立て利率が採用されることになります。

ドルスマート」は生きている限り保障切れのない終身保険です。ゼロの資金から始めて、「万が一の場合の死亡保障」と、運よく長生きできて「リタイア後の人生の生活の資金」も準備しないと…と考えている人にはなかなかよい内容となっています。

ドル建て保険 待ってください!ドル建て保険を考えるなら

専門家の意見を聞いてからでも遅くありません

無理な勧誘をしない満足度95%の無料相談です

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左


ドルスマートの評判・口コミ

黄小丸三角 この24500円お得なプルデンシャルを取るか 利率変動のプラスアルファのメットライフを取るか 私ならメットライフです。 ...続きを読む

yahoo!知恵袋より


黄小丸三角 為替リスクを理解できればよろしいかと思います。私がお勧めするのは終身保険か定期保険の短期払いもしくは一時払いにより、老後資金を備える方法です...続きを読む

yahoo!知恵袋より


ドルスマートの特徴

ドルスマートは、通常のプランと保険料を抑えるプランから選ぶことができます。

基本プランとお得プラン

終身保険商品としては珍しく、「基本のドル建て終身保険」と「低解約返戻金型ドル建て終身保険」のいずれかを選択することができます。
「基本のドル建て終身保険=基本プランは、よくある円建ての終身保険同様、決められた年齢(保険料支払期間の終わり) まで毎月毎月「ドル建てで同じ金額」の保険料を支払い続けます。

低解約返戻金型ドル建て終身保険=低解約返戻金プランは、最近流行の終身保険の保険料支払い方法で、基本プランよりも割安な保険料を毎月支払い続けます。保険料総額は基本プランより安くなります。要するにお得プランなんです。

一般的に低解約返戻金型は

ですが、低解約返戻金プランは決められたた年齢(保険料支払期間の終わり) まで解約してはいけません。低解約返戻金型は保険料支払い期間中に解約すると解約返戻金が極端に減るので大損します。
低解約返戻金プランは、言わば保険料を安くする代わりに中途解約について大きなペナルティを科すプランでもあるのです。
これに気をつければお得な保険に加入できますよ。

増えたお金の年金受取りも可能

ドルスマートは、終身保険ですからもちろん保障は一生涯ですが、年金移行特約を付加すると、ライフプランにあわせて、生涯保障から老後保障に移行することも可能になっています。
終身保険は基本的に
・保険料支払い終了後に解約して受け取った解約返戻金全額を老後資金に充てる
・終身まで解約せず保障を継続する。死亡後は遺族の相続対策資金に充てる
という大まかに二通りの使い方があります

老後資金に充てるにしても、大きなお金を一括受取りするよりもう少し運用してお金を増やしたいものです。
そこで、ドルスマートは保険料支払いが終わった後に、解約返戻金を一括受取りするのでは無く、毎年少額一定額ずつ分割で受け取ることもできるのです。この受取り方を年金受取りと言います。

年金受け取りにすると、まだ受け取っていない解約返戻金は保険会社で運用され続けますので、受け取った年金総額は解約返戻金を一括で受け取った場合よりも大きくなります。

保険料支払期間終了五年後から

代表的な例によると、10年の保険料の支払総額と、「その5年後(15年後)」の解約返戻金と比較すると、この時点から「10年間の保険料支払総額 < 15年後の解約返戻金」となっていますね。ここは気をつけるべきポイントです。
保険料の支払いが終わってからしばらく寝かしておかないと、解約時に損してしまいます。

米ドル建て保険はリスクもメリットも理解して

円貨の終身保険と比べると格段に良い運用成果が得られるのが、ドルスマートなどのドル建て終身保険ですが、ドル建ての保険だと為替のリスクがあったり、為替手数料や各種手数料が必要となります。円貨の保険には無い費用やリスクがあることを理解する必要があります。

ですが為替と米国の高金利がありますので、安い保険料で大きな安心と保障、高い解約返戻金を手に入れることができます。特に保険の見直しを考えているなら、ドルスマートも見直し候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

ドルスマートのメリット

代表的な例によると、60歳以上になってからの、リタイア後の生活費にあまり余裕がなくなる時期には保険料の支払がゼロなわけですから気持ち的にも楽なわけです。リタイア後は、支払うお金が減る + 支払ったお金より増えた貯蓄がある。といった心にも余裕ができるといった商品ではないでしょうか。

また、応用になりますが、保険料を支払うのが苦しくなったら部分解約をして、保険金の減額をすることで減額割合分の解約返戻金が現金として手に入りますので、ちょっとしたお金が必要なときにはいいかもしれません。

ライバル商品と、アドバイス

もしドルスマートに興味があるようでしたら、ジブラルタのドル終身ソニー生命のドル建て終身も一緒に比較すると良いでしょう。特に各社の手数料と手数料体系をよく比較するとといいかもしれません。
細かい比較やリスクについてはカタログを見るよりも、FP(ファイナンシャルプランナー) にアドバイスしてもらうのが、わかりやすく理解しやすいのでオススメです。

ドル建て生命保険に迷ったら

ドルスマートで大丈夫ですか?

迷っていませんか?

金融・税金・生命保険のプロ(FP)が

ご自宅などで無料相談してくれる

満足度95%のサービスがあります。


本当にドルスマートにするべきか

無料で保険のプロに聞くのが確実でです。

ご自身やご家族のためにも、一度相談してみることをオススメします。


今まで加入していた保険よりも安く、充実した商品を選んでいただきました。

というサービスのご利用者の声があります。

FPの保険の相談は何度でも無料です

赤二重矢印右保険マンモス