初めてでもわかる!円とドルの関係。

初心者でもわかる!円とドル為替相場の関係!

ドル建ての生命保険を興味があるけど、保険会社の営業は売りつけが怖い…。

そんなとき、あなたの生命保険の悩みを、金融・生命保険の専門家がアドバイスしてくれる

無理な勧誘をしない、満足度95%の無料相談をしてみましょう。

赤二重矢印右保険マンモス

為替相場と円とドル

例えば、あなたがアメリカに行き、リンゴを買ったとします。
この日(このとき)為替相場が1米ドル=100円の時、アメリカのスーパーで売られているリンゴ1個が1米ドルだとすると、日本円に直す(→換算する) といくらでしょうか。
(リンゴ1個) 1米ドル × (為替相場が1米ドルにつき) 100円 = (日本円で) 100円となります。

 

 このリンゴを食べ終わって、3日後にまたアメリカのスーパーでリンゴ1個を買いま した。
この日(このとき)の為替相場が1米ドル=120円に変化していたとします。
(リンゴ1個) 1米ドル ×(為替相場が1米ドルにつき) 120円=(日本円で) 120円となります。
最初の日と、その3日後で、リンゴ1個が同じ1米ドルなのに、日本円に直す(→換算する)と、3日後に買ったリンゴは20円、2割も高くなりました。同じリンゴなのに、同じ1米ドルなのに、日本円で支払う額は多くなるのです。
この時、「日本円」という通貨の価値が「下がった」ことになるのです。
日本円で買えば、リンゴ1個が3日間で20円も値上がりしたのに、なぜ「日本円」という通貨の価値が「下がった」かというと、同じ1米ドルのものを買うのに、初日よりも20円高い(日本円の)金額を支払わなければ買えないからです。

 

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左

 

 

逆とダメ押しで考えましょう

逆を考えましょう。
これをアメリカ人から見たら、同じ1ドルで初日は100円しか手に入らなかったのに、3日後には120円も手に入ったのです。これって「高いものが安く買えた」ことに似ていませんか? つまり、高かったものの価値が低くなって値が下がったわけです。
ダメ押しで考えると
例えば、和食好きなアメリカ人が、初日は1ドルで100円分の豆腐しか買えなかったのに、3日後には同じ1ドルで120円のちょっと高級な豆腐が買えたということです。これって、120円の豆腐の価値が下がったことになりますよね。

直接考えましょう

今度は、リンゴや豆腐抜きで、直接日本円で1米ドルを買った(交換した)とします。
最初は1米ドルを100円で買え(交換でき)ましたが、
3日後は1米ドルを、 120円出さないと買え(交換でき)ませんでした。
これって、1米ドルの値段が(⇒価値が)高くなってますよね?
つまり、米ドルの価値が高くなっている、ということは円の価値が下がっています。

 

一方、アメリカ側からこの現象を見てみましょう。
初日は1 米ドルで日本円を100円しか買え(交換でき)なかったのに、3日後は1米ドルで日本円が120円も買え(交換でき)た。同じ1米ドルなのに、3日後は2割も多い日本円を買え(交換でき)たのです。つまり、日本円の価値が下がっています。
これって、円の価値が下がり、米ドルの価値が上がる、つまり「円安(米)ドル高」になったということです。
今までアメリカドルを意識してもらいた かったので「米ドル」といっていましたが、普通に「ドル」で言い換えると
初日と3日後とでは、3日後が20円の「円安ドル高」になるということになります。
逆に3日後からすると、初日は20円の「円高ドル安」だったわけです。

ドル建て保険の選び方!

ドル建て保険を検討していますか?

ドル建て保険のリスクは十分理解していますか?

 

こういうときに、金融・税金・生命保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)が、ご自宅などで無料相談してくれる

便利なサービスがあるんです。

 

ミドルリスクミドルリターンのドル建て保険にすべきか

老後を考えた長期安定のドル建て保険にするか

無料で保険のプロに聞いてからでも遅くはないです。

ご自身やご家族のためにも、一度相談してみることをオススメします。

 

「…定年後に対する準備の仕方、年金の話が聞けて良かったです。」 40代女性

という、このサービスのご利用者の声があります。

 

赤二重矢印右保険マンモス