マスミューチュアル アットウィル

マスミューチュアル生命のアットウィル

アットウィル も捨てがたい!本当に迷う、困る!

ドル建てで迷ったときはFPの助言が効果的。

FPの相談は無料。試しに一度相談してみましょう。

満足度95%の無料相談です

赤二重矢印右保険マンモス

米ドルまたは豪ドル建てのアットウィル

マスミューチュアル生命保険は
1851年から続くアメリカの総合金融グループ、マスミューチュアル・フィナンシャル・グループで
日本では平和生命保険株式会社だったのがエトナヘイワ生命保険株式会社になり
マスミューチュアル生命保険株式会社になりました。

マスミューチュアル生命は個人向け商品と企業向け商品がありますが
このページでは個人向け商品の
定額個人年金保険(米ドル建)(豪ドル建)の
アットウィル年金型 米ドル/豪ドル について書いてみます。

金融機関窓口販売
最低一時払い保険料は「円」で500万円
米ドルで五万ドル
豪ドルでも五万ドル です。
なので、どちらかというと一時払い保険料は結構高い方かもしれません。
ですが、為替差損リスクを「ひらひら」避けながら年金を受け取ることが出来る、便利というか使い勝手が良い年金保険と言えそうです。

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左

変動部分は無し。据え置き期間短め。

一時払いした「円」を豪ドルまたは米ドルに変換するか、 五万ドル以上の多額の豪ドルまたは米ドルを持っていれば、 その通貨のまま一時払い保険料を支払うこともできます。

豪ドル建て、米ドル建て共に
商品内容的には殆ど同じですが

米ドルと豪ドルとでは予定利率が違います。
また、
保険料一時払い後の据え置き期間が
米ドル建ては0年 1年 5年 10年
豪ドル建ては0年 1年 3年 5年 10年
と、豪ドルは据え置き期間三年を選ぶことが出来ます。

年金保険というと、他社の場合一部変額部分と併用する商品あるのですが、契約時の金利が続く固定金利なので安心感が大きいです。


赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左

満期後の年金受け取りも魅力的

米ドルの場合
1年、5年、10年の据え置き期間を選択すれば
10年確定年金または20年確定年金
0年、5年、10年の据え置き期間を選択すれば
年金総額保障付終身年金を選ぶことが出来ます

年金保険ですので、据え置き期間終了までに増えたお金(米ドルまたは豪ドル)を年金原資にして

a.10年確定年金または20年確定年金
年金を10年間受け取り続けるまたは年金を20年間受け取り続けます
被保険者が年金受取期間中に他界した場合はあらかじめ決めておいた継続年金受取人が最後まで年金を受け取り続けます。

b.年金総額保障付終身年金
被保険者の終身まで回数無制限受け取り
年金受け取り総額は保証金額割合があり、100%、110%、120%から選択できます。

為替リスクの説明を受けるのは当たり前ですが

独自の為替差損回避策も知るべきです

試しに、金融全般の専門家でもあるFPに

無料で聞いてみるのがお勧めです

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左

年金がもらえるときと、もらえないとき。

ターゲットレートという機能がありまして
名前の通り、1米または豪ドル○○円以上になったら私は年金を受け取ります。
という基準を設定できる機能です。
為替差損は嫌なので、それなりに高めのレートを設定することが出来ますし
年金の受け取りやすさを考えて低めのレートを設定してもかまいません。

ところで
アットウィルは年金支払日のみターゲットレートの判定をします。
営業日での判定ではありません。

例えば米ドル商品の場合で、ターゲットレートを1米ドル110円以上と設定します。
年金受け取り回が
第一回 1ドル111円でした → 年金がもらえる
第二回 1ドル112円でした → 年金がもらえる

第三回 1ドル108円でした → 年金がもらえない
第四回 1ドル107円でした → 年金がもらえない
第五回 1ドル112円でした → もらえなかった前回と前々回も合わせて三回分の年金がもらえる

第六回 1ドル110円でした → 年金がもらえない

このような年金受け取りになります。
ですが、よくある年金の、年一回だけ受け取りだと
第二回受け取りから第五回受け取りまで三年待たないといけません
ですが、回避策はちゃんと用意されています。

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左

為替差損をひらひらひら避ける

為替差損をひらひら避けて無いじゃないか!と怒られそうですが

こで便利なのが「年金の分割受け取り機能」です。
年金なのに
年一回払いの他に
年四回払い、年六回払い、年十二回払いが選べます。

年十二回払いを選んでおけば、為替差損を「ひらひら」避けながら年金を受け取り続けることが出来るでしょう。

米ドル商品の場合
年金の円受取りは、年2・4・6回払いは500米ドル以上。年12回払いは250米ドル以上
年金の米ドル受取りは、年2回払いは3,000米ドル以上。年4回払いは1,500米ドル以上。年6回払は1,000米ドル以上、年12回払は500米ドル以上
という縛りがあります。
長くなるので豪ドル商品の縛りは省略します。

為替差損回避のために、年金原資が目標以上になった時に、円貨に全額移行する商品はよく見かけますが、年金受取日を細かく設定することで為替差損を回避するというのは、凄いアイデアですね。

まとまったお金を持っている方なら一度検討するのも良いかもしれません。

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左

ドル建ては商品によってリスクが違います

待ってください!その保険で大丈夫ですか?

 

ドル建ては商品によってリスクもいろいろです

ファイナンシャルプランナー(FP)という専門家が

リスクやメリットも無料相談してくれる

満足度95%の便利なサービスがあるんです

 

本当に ドル建てにするべきか

無料で保険のプロに聞いてからでも遅くないです

しかも、相談は何度でも無料です

 

強引な勧誘や失礼な態度があれば

イエローカード制度があるので安心

一度相談してみることがオススメです。

 

「今まで加入していた保険よりも安く

充実した商品を選んでいただきました。」

という、このサービスのご利用者の声があります。

赤二重矢印右保険マンモス

 

FPの保険無料相談で厳選黒毛和牛。予約簡単!