ドル 生命保険

ランキング第1位 ジブラルタ生命 米国ドル建終身保険

ドル保険ランキング第一位

ジブラルタ生命は外資系の中でもかなりの規模があります。
最近ではAIGエジソン生命とAIGスター生命を吸収合併するほどの勢いの生命保険会社です。
それほど実力のある外資系生命保険会社の、米ドル建ての終身保険が「米国ドル建終身保険」です。

円保険とドル保険

簡単に言うと
日本円で保険料を支払うけれども実は米ドルで運用されている終身保険です。
欠点があるとすれば、日本円で保険料を支払っているので毎月一定額の保険料と錯覚しがちですが、ドル建てですので、為替変動に比例して円貨の保険料が毎月変化します。が、携帯やスマホの料金のように考えるとわかりやすいかもしれません。
もちろん、アメリカの金利に則った運用ですので、日本の金利で運用される終身保険よりも断然お得になります。

赤丸 米国ドル建終身保険の詳細を見る

ランキング第2位 ドル建て学資保険 ドリーム・ゲート

ドル保険ランキング第二位

ランキング2位のジブラルタ生命のドリーム・ゲートは、今評判となっている学資保険です。と書きたいのですが本当は学資保険ではなく、米国ドル建ての終身保険で、被保険者(生命保険が掛かっている人)である子供が生きていても、例えば17歳になったら生存給付金が学資金の代わりで受け取ることができますよ。
こんな内容の、高金利の終身保険を学資保険の代用で使ってみましょうドル建て生命保険といえると思います。

ドル保険黄色のグラフ

契約年齢範囲が0歳から10歳までで、20歳払込満了になっています。最も教育費がかかる大学入学費用と4年間の学費のために、17歳〜20歳の時に4回のドリームボーナスが支払われます。
ドル建て商品ですが、無料特約で、払い込み、受け取りは当たり前のように円貨でできますよ!ジブラルタ生命のこういう気遣いは嬉しですね。

赤丸 ドリーム・ゲートの詳細を見る

ランキング第3位 米国ドル建リタイアメント・インカム

ドル保険ランキング第三位

ランキング三位はドル建ての「年金保険」です。
プルデンシャル生命が販売しています。正式には「米国ドル建年金支払型特殊養老保険」というようです。

ドル保険青グラフ同じ商品名でジブラルタからも商品が販売されていますね。
プルデンシャル生命とジブラルタ生命は、同じ米国プルデンシャルの傘下なので商品が共通することがあります。

養老保険(銀行でいえば定期積金みたいなもの)でお金を積み立てながら、米国特有の高利回りで運用し、満期までにたまったお金をさらに運用しながら、毎年年金として受け取り続けるといった商品です。
特約を付けると、日本円で払い込みも受け取りもできます。わざわざ米ドルを扱っている銀行で米ドル受け払い専用口座を作る必要が無いので、ドル建て養老保険なのに使いやすい資金運用目的の保険です。

赤丸 米国ドル建リタイアメント・インカムの詳細を見る



青インフォ中 待ってください!ドル建て保険を考えるなら

専門家の意見を聞いてからでも遅くありません

無理な勧誘をしない満足度95%の無料相談です

今なら無料相談で商品券6,000円分がもらえる!

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左

ランキング第4位 ジブラルタ生命 一時払米国ドル建終身保険

ドル保険ランキング第四位

このサイトのランキング1位の米国ドル建て終身保険(基本的に保険料毎月払い)と違い、終身保険なのに保険料一時払い(契約時に保険料全額一回払いのみ)という支払い方が特徴です。

ドル保険100ドル札

早い話、生命保険として終身までの保障をしましょうというより、ドル建て終身保険で老後のお金の運用をしましょうという、運用特化型とも言えるドル建ての終身保険です。

退職金や多額の余剰資金などで加入して時間をかけてお金を増やし、老後に備えるイメージですね。ドル建てですので、日本の金利よりも遙かに良い金利で運用されるのが魅力です。

終身保険特有の機能としては、生命保険会社独自基準で無く、国の介護保険の要介護度4または5になったとき、介護保険金として死亡保険金の一部を受け取ることができます。


赤丸 一時払米国ドル建終身保険の詳細を見る

ドル建て保険の人気の秘密

円と比較して米ドルは金利・予定利率が高い!

具体的な数値を書かなくてもいいくらい、金利(予定利率)の高さは米ドル建て生命保険を選ぶ第一の理由になるでしょう。日本はマイナス金利突入ですから、生命保険会社が、生命保険の契約が終わるまでの間に最初に約束した金利を保持し続けるのは難しい状況です。
一方、米ドルも主要な諸外国通貨も、円貨と比較するととても高い金利を付けることができます。
保険も金融商品ですから金利(予定利率) が高いと、日本円建ての保険と比較して保険料が安くできるとか、解約返戻金が大きくできるなどのメリットがあるのです。

例えば
・米ドル建終身保険の予定利率の良さを生かして、毎月の保険料を低く抑えながら20年ほどの短期間運用で学資保険の代用にする。
・毎月保険料を支払うドル建て終身保険でも、円建て終身保険よりも遙かに大きい運用成果を期待できる。
・米ドル建て個人年金は、費用対効果が円建て個人年金よりも好結果を期待できる。
このような効果をもたらすことができるのです。

アメリカの強さがドルの強さ

米国経済の強さが米ドルの信頼

このサイトはドル建て生命保険の比較サイトですが、米ドル建てや米ドルを含む通貨選択型商品も紹介しています。

世界の通貨

外貨は豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ユーロなど、様々な外貨があります。
なぜ米ドル建てが特に人気があるのか、日本で発売されている外貨建て保険は米ドル建て生命保険が多数を占めているのかというと、まず米ドルの信頼性が高いことが大きな理由になるでしょう。

1.アメリカは国内総生産(GDP)が世界一であり、内需も外需も活発で経済が発展し続けています。

2.米ドル(USドル)は世界的に信用力があるので米国以外の国々でも広く使われています。アメリカの大きな経済力が「世界の基軸通貨」としての安心感の背景です。

3.アメリカの産業は、技術力で日本やドイツよりも先を行っており、一方、生産力は中国やインドがアメリカの後を追いかけている状態です。
 ですが、航空宇宙産業、情報産業、医療・医薬産業、軍備・兵器などの分野で、現在でも米国企業が最先端を走り続けています

4.世界の各通貨の流通量は為替レートの動きに影響します。米ドルは世界的に一番流通量が多く、その寡占比率も大きいので、為替レートの動きが比較的安定しています。
 また米ドルは手数料が比較的低い、日本国内で情報が入手しやすいなどのメリットもあります。

5.日本国内においても、アメリカ国内の経済指標を伝えるニュースが比較的正確かつ頻繁に伝えらているので、重要な判断材料が豊富です。

このように、今も世界の先を行く技術力や生産力、日本国内でも入手しやすい情報力などが、米ドルの総合的な信頼性を高めているようです。

青インフォ中 FPは保険・金融・税金などの難関資格保持者

保険のプロ・FPがご自宅や会社で無料アドバイス

FPなら、他社商品との比較もできます

今、FPの保険無料相談で商品券6,000円分

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左


米ドルの流通量が違う

世界の主軸通貨たる米ドル

外国為替における各国通貨比率はざっくり

世界一の通貨ドル

@約43% 米ドル
A約16% ユーロ
B約12% 日本円
C約6% 英ポンド
D約4% 豪ドル
E約3% スイスフラン
F約2% カナダドル
G約1% ニュージーランド・ドル
H約1% メキシコペソ
I約1% 人民元
だそうです。
これを見ると米ドルの流通量がわかりますね。世界の四割以上が米ドルで占められているのです。長いものには巻かれろ的な考えでまず米ドル建ての保険を選びたくなるというのも頷けます。

米ドル建ての生命保険を選ぶならまず相談。

チェック! 米ドル建ての生命保険は終身保険や養老保険、年金保険などがありますが、米ドル建ての生命保険は、自分だけの知識で選ばない方が良いでしょう。
まずは生命保険会社のランキングサイトなどを見て、保険会社の事情を探るのも良いと思いますが、その前に為替リスクや、どうしても複雑になるドル建て保険の仕組みについて理解する必要があります。

ドル建て生命保険を検討するのなら、できれば、金融のプロである
ファイナンシャルプランナー資格保持者に相談するのがいいと思います。
ファイナンシャルプランナー(FP)は、金融についての国家・公的資格なので、現役のFP資格所有者が提供する為替の情報やリスク、ドル建て生命保険に対する率直な意見がとてもわかりやすく、役に立ちます。

ドル保険のリスクと魅力を知る

ドル建てに限らず、外貨建て生命保険の大きな欠点になり得るのが為替変動です。
為替変動が利益になるようであればいいのですが、最悪損失になることもあるのです。
こればかりはランキングサイトを見ただけでは分からないですよね。
とはいうものの、外国特有の高金利での運用も魅力です。上手くいけば、為替変動による利益と外国の高金利の両方を実現できるかもしれません
このようなリスクとメリットを無料でアドバイスしてもらってからでも遅くありません。「転ばぬ先の杖」として、一度相談してみましょう。

青インフォ中 ドル建て保険は専門家のアドバイスが重要

今なら無料相談で商品券6,000円分がもらえる!

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左


保険会社の営業は一途

FP保険のアドバイス

そこで、FPに実際に話を聞いてみようとしても、FPの知り合いがいないので、候補に挙げたドル建て保険を販売している生命保険会社の営業を呼ぶというのもいいのですが、出来れば避けた方がいいでしょう。

生命保険会社の営業を止めた方がいい理由は
自社の保険商品だけしか販売できない
他社商品との比較が出来ない」からです。

自社商品しか売れないのが生命保険会社の営業なら、自社商品であるドル建て生命保険にも詳しいはずでしょ?という意見もありますが、生命保険会社の営業といえど、販売頻度が少ないドル建てとか外貨建て商品についての知識は浅いのが普通です。
生命保険会社のランキングサイトなどの口コミにも見かける話で、稀に、いわゆる「生命保険のおばちゃん」が来て、為替の知識がほとんど無いのに勢いでドル建て生命保険を売ろうとすることもあるようです。

特に後悔できないドル保険だから

こんなことを書いて生命保険会社の営業職の営業妨害をしたいのありません。もともと自社商品しか販売できないことが保険選びのリスクになりかねないんです。

ドル保険は保険料一時払い商品が多い保険でもあります。保険料一括全額前払いです。何百万円もの大きなお金を動かすのです。特に契約後に後悔複したくない保険です。保険を選ぶ段階で数社の商品を比較できれば、保険を契約してから別会社の商品を知って後悔することも無くなります。

だったらFP(ファイナンシャルプランナー)のような、複数の保険会社商品の販売資格を持っていて、金融についての国家公的資格を持った人物に、まずは話だけでも聞いてみたいですよね。

FPのアドバイスを受けながら複数の保険会社の商品を比較できる

緑注目

FP保険相談

ということで、特にドル保険詳細なリスク説明と、他社商品との比較が必要になるので、FPに複数社のドル建て生命保険の利点や欠点などを聞いて、比較し納得出来たら希望のドル建て商品を契約するのが一番良い方法だと思うのです。

青インフォ小 でも、強引な生命保険販売を一切しない、現役でベテランのFPの当てが無いよ。
というあなたに紹介したいのが保険マンモスです。

保険マンモスは、経歴5年以上の現役FPを自宅や会社に派遣してくれて
生命保険の相談料は何度相談しても無料です。
さらに、保険マンモスは「イエローカード制」という、強引な勧誘をしたFPをすぐに別のFPに替える制度があるので安心です。
もちろん、ドル建て生命保険についての相談だけでなく

「現在続けている生命保険の見直しをしたい」とか
「今の保障で将来大丈夫か見てもらいたい」などの相談も受け付けています。

FPに感謝

FPは金融商品全体に強みがあるので、住宅ローンなどを考慮しながらの老後資金相談とか、どうしても高額になりがちな生命保険の節約相談も出来るんですよ。
保険料を節約できたら
子育て費用子供の教育費を増額できますよね。
ドル建て保険も家族の保険も、試しに一度、保険マンモスで相談してみるのもいいと思います。
無料相談の申込みは凄く簡単です。

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左

今なら無料相談で商品券6,000円分がもらえる!

保険会社別ドル建て生命保険目次

ジブラルタ生命

ドル建て商品一時払米国ドル建終身保険
ドル建て商品米国ドル建終身保険
ドル建て商品ドリーム・ゲート
ドル建て商品どるフィン
ドル建て商品通貨指定型個人年金保険
ドル建て商品米国ドル建リタイアメント・インカム

プルデンシャル生命

ドル建て商品米国ドル建リタイアメント・インカム

マスミューチュアル生命

ドル建て商品アットウィル

マニュライフ生命

ドル建て商品パワーカレンシー

メットライフ生命

ドル建て商品ドルスマート

第一フロンティア生命

ドル建て商品プレミアジャンプ2終身
ドル建て商品プレミアジャンプ2年金

日本生命

ドル建て商品デュアルドリーム

三井住友海上プライマリー生命

ドル建て商品みらい・そだてる

三井生命

ドル建て商品ドリームフライト
ドル建て商品ドリームクルーズプラス


青インフォ中 FPは保険・金融の高度な資格保持者

ドル建ては保険のプロののアドバイスが重要

特に為替差損リスクの説明は必須です

イエローカード制で無理な勧誘ナシ

今なら無料相談で商品券6,000円分がもらえる!

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左